デリケートゾーン臭い即効消す!簡単ケアでミニスカートでも大丈夫!-Lety(レティ)


デリケートゾーンの黒ずみを美白ケアで解消する方法!


デリケートゾーンの黒ずみケアをしてるけど、なかなか薄くならない・・・

これ以上、黒ずみを薄くする方法がわからない。

他に、黒ずみを悪化させない対策方法や黒ずみを治す改善方法が見つからないなど・・・。

 

デリケートゾーンの黒ずみは他人には、相談しずらい悩みだけに困っておられる方が多いのではないのでしょうか?

 

 

今回は、デリケートゾーンに黒ずみができてしまう原因と、デリケートゾーンの美白ケアを自宅で正しくケアすることで改善できる対処法と同時に、臭いやかゆみ予防ができる対策方法をまとめましたのでご紹介します。

参考にして頂けたらと思います。

 

 


目次

1 デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は摩擦や刺激?

2.デリケートゾーンの黒ずみや臭いは日々のケアで防止! 

2-1.デリケートゾーンの黒ずみや臭いは洗いすぎが原因

2-2.デリケートゾーン専用石鹸(弱酸性)で洗うこと

2-3デリケートゾーンの正しい洗い方

3.デリケートゾーンの黒ずみケア保湿剤の選び方

3-1.デリケートゾーンの黒ずみや臭い対策の有効成分は

3-2.デリケートゾーンの黒ずみ改善にオススメ製品の紹介!

4.デリケートゾーンの保湿方法

4-1.自宅で簡単デリケートゾーン保湿ケア

5.デリケートゾーンクリームで黒ずみが改善するまでの期間

6. 間違った自己処理が黒ずみを悪化させる

★ まとめ

 

 

 


1 デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は摩擦や刺激?


 

 

黒ずみになる主な原因が肌の摩擦や刺激

摩擦や刺激よる色素沈着が原因

お肌は刺激を受けると、メラニンを生成します。

日焼けで黒くなる理由やシミができる理由もこのメラニンの働きによるものです。

 

メラニン色素は本来、紫外線から肌を守るために、紫外線を浴びた時に作られるものなのですが、デリケートゾーンや乳首、脇はもともとメラニン色素の活動が活発で、下着や衣類との摩擦や、座っている時の圧力などの刺激により、色素沈着が発生し黒ずみの原因になります。

 

 

紫外線でシミが出来る過程

紫外線を浴びるとお肌が黒くなってしまうのは表皮の基底層に存在しているメラノサイトが紫外線を遮断するためにメラニン色素を生成するからです。

またメラニン色素は表皮内にある細胞の細胞核を紫外線から守る役割も果たしています。

 

 

出典:http://www.albertomedinamendez.com/

表皮で出来るものですから通常は表皮内のターンオーバーによって表面に押し出されて排出されます。

排出されるとお肌は正常な色に戻ります。

しかし、以下のような理由により皮膚内に残ってシミの原因になります。

 

  • 大量にメラニン色素が生成されてターンオーバーが遅れる
  • 加齢や不摂生によりターンオーバーが乱れている場合
  • メラニン色素が基底層から真皮層に落ちてしまった場合

 

特に、表皮層内部である基底層から真皮層にメラニン色素がこぼれ落ちてしまった場合には深いシミになってしまうので除去が非常に難しくなります。

 


下着や衣類などの摩擦!


まず、簡単にできるのが、日々の刺激をできる限り軽減することです。

 

デリケートゾーンは入浴時を除けば、24時間ずっと下着や衣類による刺激を受けています。

そのため、自分に合った下着のサイズや形状、そして素材を見直してみることも大切です。

 

サイズの合わない下着を身につけることで皮膚との間に摩擦が起こり、その摩擦が刺激となってメラニン色素を増やしてしまいます。

 

 

特に、体系維持の下着やナイロン製の下着も摩擦や圧迫による刺激でデリケートゾーンの黒ずみに深く関係しているのです。

 

デリケートゾーン(陰部)は、下着やキツイ衣類による摩擦や刺激が積み重なることで黒ずみになります。

例えば、下着のゴムの部分があたる腰回』や脚の付け根(Vライン)』が黒ずみになっている方も多いのではないでしょうか?

今や女子の定番レギパンやパギンスといった下半身を綺麗に見せるためのアイテムもデリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみの原因の一つです。

下着やキツイ衣類による圧迫された皮膚は、外部から過度な刺激を受け、肌を守ろうとします。

そのため、黒ずみの原因であるメラニンの生成を活発にし、肌が赤くなって表面に表れます。

 

肌は摩擦や刺激などでダメージを受けると、肌細胞(メラノサイト)から、メラニン生成を活発にし、肌を守ろうとするのです。

 

毎日の生活で、無意識に肌の摩擦や刺激を繰り返し起こすことで、メラニンの生成がさらに活発になり、肌のターンオーバーが狂い乱れて肌に黒ずみとなって表れます。

 

素材素材選びも大切です!

摩擦や刺激を和らげる、コットンやシルク、吸湿速乾加工を施した線維が、お肌への刺激が少なく通気性もいいのがオススメです。

また、ビキニラインの黒ずみが気になる場合は、ボクサータイプのショーツがオススメです。

思い当たる方は、今すぐ改めましょう。

 


 

 

30代に入ると代謝が衰えて黒ずみやすくなる

加齢によって血行や代謝も衰え、肌は黒ずみやすくなります。

 

通常の肌は約28日周期で細胞が生まれ変わります。

 

30代あたりから肌のターンオーバーが徐々に遅れ始め、50代では2~3週間ほど遅れてきます。

30代を超えて、黒ずみが悪化したりするのはこのためで、デリケートゾーンだけでなく、他の部位も黒ずみが徐々に悪化してきます。

 

 

30代からのデリケートゾーンの黒ずみ対策やケア

摩擦による刺激や乾燥から皮膚を守る

肌のメラニン色素の生成を正常化する

年齢とともに遅れがちな新陳代謝の周期を整える

など、体の内外のケア必要です。

 


妊娠や出産による黒ずみの原因


 

妊娠や出産を機に、急にデリケートゾーンや乳首などが黒ずんくる方も多いと思います。

 

通常の肌の黒ずみは、外部からの摩擦や刺激が原因でメラニン生成が活発になり起りますが、妊娠時は、母体が出産に備えて肌を守るためにメラニン生成が活発化することが黒ずみの原因です。

そのため、皮膚全体のターンオーバーも乱れデリケートゾーンを含め、脇や乳首などが黒ずんだりします。

 

産後は正常なターンオーバーに戻り、黒ずみは徐々に薄くなっていきますが、デリケートゾーンは、出産の為に肌ダメージを受けているので、軽度の色素沈着が残ります。

 


2.デリケートゾーンの『黒ずみ』や『臭い』は日々のケアで防止!


デリケートゾーンの黒ずみは、外部の刺激・摩擦から肌を守り、ケアしていくことが大切です。

 

デリケートゾーンの黒ずみを抑えるために、正しい対策やケアを行うことで、軽度の黒ずみなら薄くすることは可能です。

また、黒ずみだけでなく、臭いも軽減できます。

是非、デリケートゾーンのケアや対策を覚えておきましょう。

 


2-1.デリケートゾーンの黒ずみや臭いは洗いすぎが原因


デリケートゾーンは、清潔にと、念入りに洗ってしまうことで強い刺激を与えてしまい、それが原因で黒ずみになることも少なくありません。

それに、洗いすぎは皮膚に必要な菌まで流してしまい肌の自浄作用が弱まり黒ずみだけでなくニオイの原因にもなります。

洗いすぎで肌に必要な常在菌が減少し、デリケートゾーンの免疫力が落ち雑菌が繁殖し、臭いが強くなったり、かぶれやかゆみなどの炎症や性病になるリスクも高くなります。

 

正しく洗うことで、デリケートゾーンの黒ずみ対策や悪化防止することができます。

 


2-2.デリケートゾーン専用石鹸(弱酸性)で洗うこと


 

石鹸には、肌質と同じ弱酸性石鹸と正反対のアルカリ性石鹸があります。

アルカリ性だとデリケートゾーンの皮膚は薄く敏感な為、洗浄力が強すぎ、かゆみや炎症の原因になります。

肌と同じ成分の弱酸性石鹸でデリケートゾーンの洗浄をするのがオススメです。

 

デリケートゾーン専用石鹸なども販売されていますが、違いは肌に負担になる成分が入っていないことです。

弱酸性で天然由来の洗浄成分や殺菌成分で配合され、デリケートゾーンに必要な菌を残して洗い上げることができます。

 

デリケートゾーン専用石鹸の選び方については『デリケートゾーン専用石鹸の選び方と正しい使い方』を参考にしてください。

 


2-3.デリケートゾーンの正しい洗い方


デリケートゾーンの皮膚は薄く、ダメージを受けやすい為、摩擦や刺激を与えないように注意しましょう。

そのためには、デリケートゾーン専用の弱酸性石鹸を使用することをオススメしますが、洗い方にも注意しなければなりません。

 

ナイロンタオル等でゴシゴシ洗ってしまうと、肌に摩擦や刺激を与えてしまい黒ずみの原因になり、デリケートゾーン専用石鹸を使用する意味がありません。

石鹸は泡立てることで汚れを落とすことがでるので、デリケートゾーンを洗う時には、しっかり泡立ててから肌の刺激にならないよう泡パックで優しく洗い流してください。

 

 

泡パックによる洗い方

弱酸性の石鹸を泡立てネットで十分に泡立てる

石鹸は必ずアルカリ性ではなく、弱酸性の石鹸を使用してください。

石鹸の泡には汚れを吸着して、包み込む作用があります。

水またはお湯で泡立てネットをよく泡立てることでキメの細かいフワフワな弾力がある泡ができます。

 

 

デリケートゾーンに泡を置いて2分を目安に洗浄

泡立てた石鹸をデリケートゾーンに優しく乗せるように塗って2分位そのままで泡パックをします。

月経時は、念入りに洗いたくなることもあるかと思いますが、こすらずに泡を押すようにして洗浄してください。

 

 

洗浄後はぬるま湯で優しく洗い流す

熱いお湯は、皮膚の刺激になりますので、ぬるま湯で優しく洗い流してください。

デリケートゾーンは、泡パックによる洗浄だけでも十分に清潔に保て黒ずみ対策にもなります。

 


3.デリケートゾーンの黒ずみケア保湿剤の選び方


肌は、天然保湿因子という保湿成分を保持していますが、水に弱い為、入浴時にほとんどが流れ落ちてしまいます。

入浴後に何もしないでいると、肌がつっぱるのは、肌の天然保湿因子が流れ落ちてしまったためです。

デリケートゾーンの皮膚は、身体の中でも薄く敏感で水分を保持しきれません。

なので、乾燥しやすく摩擦や刺激を受けたときに、細胞が傷つきやすく黒ずみになりやすいということです。

デリケートゾーンは保湿が必要であり、入浴後は必ず保湿剤によるケア必要です。

 

 

 

保湿ケアは、デリケートゾーン専用の黒ずみ対策成分が入った製品を選びましょう

デリケートゾーンの保湿ケアは、デリケートゾーン黒ずみ専用クリームや、美容液をオススメします。

デリケートゾーン専用保湿ケア製品の成分は、

 

  • 肌を乾燥から防ぐ保湿成分
  • 黒ずみをケア成分
  • 肌を清潔に保つ成分

 

が含まれていて、肌の刺激になるアルコールや香料が無添加で肌に負担になる成分は入っていないものが多いです。

なので、デリケートゾーンの保湿ケアは、デリケートゾーン専用の保湿化粧品をオススメします。

 


3-1.デリケートゾーンの黒ずみや臭い対策の有効成分は?


デリケートゾーンの黒ずみに限らず、黒ずみに効果がる成分は、厚生労働省に『美白効果があると認可されている成分』のことです。

 

デリケートゾーンに最適な成分は、刺激が少ない『トラネキサム酸』や『ビタミンC誘導体』です。

これらの成分は、美白効果も高く、肌への刺激が少なく、デリケートゾーン部分に使用しても、肌トラブルの心配もなく使用することができます。

病院やクリニックで処方される『ハイドロキノン』や『トレチノイン酸』美白の目的のクリームは、黒ずみ解消に効果がありまが、肌への刺激が強くデリケートゾーンにはオススメできません。

 


デリケートゾーンの黒ずみ改善にはクリームと美容液のどっちが効果的?

デリケートゾーンの黒ずみ対策の製品にもクリームや美容液と表示されているものがあります。

美容液と表示されている方が、美白成分の配合が高いため黒ずみを改善するなら美容液と表示されている方がオススメです。

 

 

クリームと美容液の違いは?

クリームは基本的に保湿ケアが目的で、黒ずみに対する有効成分や保湿成分も多く含まれています。

美容液は悩みに対し、ピンポイントで働きかけ作用する成分が多く配合されています。

すでに黒ずみを解消して日々のケアとしてならクリームでもよいですが、黒ずみを薄くする目的なら美容液と表示されたものがオススメです。

 


3-2.デリケートゾーンの黒ずみ改善にオススメ人気製品のご紹介!


デリケートゾーンの黒ずみの解消するためには、『認可された美白成分が含まれていること』

『刺激のすくない成分であること』が大切です。

それらに加え、短期間で解消したいなら、保湿重視のクリームよりも、成分濃度が濃い、美容液を選ぶ必要があり、臭いも同時に気になる方であれば、それらを抑制する成分が配合されているものを選ぶと間違いありません。

 

デリケートゾーン黒ずみ専用の製品のなかで、安心して使用できる製品をご紹介します。

 


黒ずみ専用ジェル【イビサクリーム】

 

医薬部外品

イビサクリームは保湿重視のクリームタイプの製品ですが、黒ずみ改善作用が高い『トラネキサム酸』と天然由来の美白成分が4種類配合されている為、セルフケアの中でも早い効果が期待できます。

 

また、ヒアルロン酸やグリセリン、などの保湿成分も多く含まれているので、下着の摩耗による黒ずみの原因を抑制できるだけでなく、グリチルリチン酸ジカリウムも配合されておりますので、ニオイの抑制や軽減も期待できる商品です。

 

黒ずみに悩んでいる方のため開発された黒ずみ専用美白ジェルです。

朝と夜で1日2回黒ずんでる場所に塗だけ!

お客様レビュー

 

≪集中ケアコース≫

価格4,470円(税別・送料無料)

 

イビサクリーム公式サイ

 

 

販売元:株式会社ファイブテイルズ

 

タイプ

美白認可成分

特徴

美容液

トラネキサム酸

黒ずみ改善、防止

臭い、かゆみ抑制

 


ヴィエルホワイト

 

デリケートゾーンの黒ずみを早く改善したい方に適した美容液です。

 

美白成分として効果が高いトラネキサム酸をはじめ、潤いをもたせるヒアルロン酸やコラーゲン、肌のバリア機能を高めるセラミドも配合されている為、総合的な美白ケアとしてもお勧めです。

 

11種類の天然由来成分で無添加にもこだわっている事から、肌刺激が心配な敏感肌でも使用できます。プッシュ式で使いやすく、肌の上で伸びがよい為、ベタつきもありません。

しかも、ヴィエルホワイトは、

確かな効果が得られるように医薬部外品として開発されていること。

 

※医薬部外品とは、厚労省が定めた「効果のある成分を使っている」ということです。

 

使用方法はとっても簡単、朝お出かけ前と毎晩入浴後に1回、指で優しく馴染ませるだけ。

なので毎日忙しい、あなたでもデリケートゾーンの黒ずみ時短ケアが可能!

お客様レビュー

 

≪潤白もちスベ肌プログラム≫

価格4,390円(税別・送料・代引き手数料無料)

 

ヴィエルホワイトの公式サイト

 

 

販売元:株式会社セプト 

 

タイプ

美白認可成分

特徴

美容液

トラネキサム酸

黒ずみ改善、防止

臭い、かゆみ抑制

 


薬用美白クリーム【ホスピピュア】 

 

湘南美容外科クリニックと共同開発した薬用美白クリームが登場しました。

黒ずみの解消に欠かせない成分をふんだんに配合!

 

ホスピピュアに入っている注目の成分は、トラネキサム酸です!

美白成分で、病院での黒ずみ治療や、他の黒ずみ解消クリームの成分に使われることもあります。

 

ホスピピュアには黒ずみの美白効果抜群のトラネキサム酸に加えて天然由来の保湿成の両方が叶うクリーム!

 

 

≪徹底美白コース≫

価格5,500円(税別・送料無料)

 

ホスピピュア公式サイト

 

 

販売元:株式会社シーオーメディカル 

 

タイプ

美白認可成分

特徴

クリーム

トラネキサム酸

黒ずみ改善、防止

臭い抑制

 


ホワイトラグジュアリープレミアム

 

 

医薬部外品

ホワイトラグジュアリープレミアムは生ビタミンC、水溶性ビタミンC、油溶性ビタミンCの3つのビタミンを肌の奥「基底層」までの浸透を可能にしています。

 

この3つのビタミンがメラニン色素の生成を抑え、美白効果で黒ずみを解消へと導いてくれます。

さらには配合成分として、ピアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンなど美白と美容に有効な成分が全部で16種類も入っています。

 

メラニン色素の抑制&美白効果で黒ずみの解消に繋がります。

 

≪定期コース≫

価格5,980円(税込・送料無料)

 

ホワイトラグジュアリープレミアム公式サイト 

 

 

販売元:株式会社美彩 

 

タイプ

美白認可成分

特徴

クリーム

ビタミンC誘導体

黒ずみ改善、防止

臭い抑制

 


4.デリケートゾーンの保湿方法


デリケートゾーンの洗浄後のキレイな肌の状態で、保湿剤を1円玉程度の量を手の平にのせます。

手のひらの体温で温めるように軽く広げ、指の腹を使って優しく馴染ませます。

摩擦が起きないように押し込むように浸透させてください。

最後に、クリームの量や水分が気になる場合は、軽くティッシュなどで押さえて完了。

 

注意点!

デリケートゾーンの保湿ケアを使う場合の注意点として、粘膜には保湿剤は塗らないようにしましょう。

粘膜に塗ると、体内に存在する正常な細菌を刺激してしまい、炎症をおこしたり皮膚炎になる可能性もあります。

 


4-1.自宅で簡単デリケートゾーン保湿ケア


デリケートゾーン専用のケア製品の基本的な使い方は、キレイな肌の状態で1日朝と夜に2回使用することが大切です。

 

使用前は石鹸などでゴシゴシ洗う必要はなく軽く拭いたり、洗い流す程度で良いです。

 

朝は、日中の下着の擦れや摩耗から、肌を守る役割があり、黒ずみの悪化や防止する役割があります。

 

夜は、肌の代謝は睡眠中に行われる為、夜に使用することで有効成分がメラニン抑制・排除に働きかけ、黒ずみ改善に働きかける役割があります。

 


デリケートゾーンの保湿はタイミングが大切です。

お風呂上り

入浴後は肌の保湿成分まで流れ落ちてしまいます。

24時間で保湿成分は回復すると言われていますが、その間、無防備な状態でダメージを受けやすいので、お風呂上りの保湿ケアを怠らないようにしましょう。

 

 

ムダ毛処理の前後

ムダ毛処理前に保湿ケアをすることで、肌の負担を最小限に抑えれます。

ムダ毛処理後は必要な角質まで落としまい肌はダメージを受けた状態ですので、しっかりと保湿ケアをしましょう。

脱毛サロンやレーザー脱毛を施術中の方は、肌がダメージを受けやすいので、こまめに保湿ケアをしましょう。

 

 

朝の出かける前

朝の出かける前に、保湿ケアすることで下着の擦れや摩擦から肌の負担を軽減することができます。

乾燥が気になる場合は、こまめに保湿ケアをしましょう。

 


5.デリケートゾーン専用クリームで黒ずみが改善するまでの期間


保湿ケアでターンオーバーを正常化

デリケートゾーンの黒ずみ製品は、美白成分の作用を利用しつつ、肌のターンオーバーを正常化しながら改善していく方法です。

少しずつ黒ずみが薄くなっていく

効果が得られるまで最低でも3ヶ月~1年

症状の度合いにもよりますが、最低でも3ヶ月~1年位かかります。

短期間で黒ずみを改善したい方は、美容クリニックのレーザー治療をオススメします。

 


6. 間違った自己処理が黒ずみを悪化させる


カミソリ負けで炎症してしまう3つの原因

間違ったムダ毛処理は、デリケートゾーンの黒ずみの原因になります。

 

 

切れ味の悪いカミソリで剃っている

切れ味の悪いカミソリを使っていると何度も同じところを剃ることになるので、余計に角質を削ってしまいます。

カミソリはなるべく新しいものに変えるようにして切れ味のいいものを使うようにしましょう。

また、最近は複数の刃がついたものがありますが、皮膚へのダメージ大きので、オススメできません。

男性用のカミソリは絶対使用しないこと!

 

 

お風呂場でのムダ毛処理

お風呂場で脚のムダ毛処理をしている方が多いと思うのですが、そのままお風呂場に置きっぱなしにしていませんか?

 

お風呂場は湿気が多く、濡れたままで、カミソリを置きっぱなしにしていると、刃が錆び切れ味が悪くなり、何度も同じところを剃ることになるので、余計に角質を削ってしまうので、必ず水気を切って乾かしてから保管することをオススメします。

 

 

ボディソープなどで処理している

ボディソープは余分な皮脂や油分を取り除き汚れを落とすためのものなので、専用シェービングフォームを使いましょう!

 

何度も同じ所を何回も剃ったり、逆剃りは絶対NG!

 

毛の生えてる方向に逆らって剃ると、確かに深ぞりはできますが、その分肌を傷つけカミソリ負けの原因になりますので絶対NGです。

他にもカミソリ負けを起こすさまざまな原因はありますが、大切なことはカミソリ負けを起こさないようにすることです。

 

その点、電気シェーバーは扱いやすくデリケートゾーンのvioラインの細部まで処理ができます。

滑らすだけでムダ毛処理ができますので、肌への負担も軽減できます。

 

カミソリの場合は、力加減が難しく肌の薄い表面をそぎ落とす心配もありますので、電気シェーバーでの処理をオススメです。

 


ムダ毛処理の正しい手順

 

ムダ毛処理は保湿してから始める

処理前にデリケートゾーンの保湿をしておくことで、シェービングによるダメージから肌を守る役割をします。

処理しやすいようにムダ毛をカットする

ムダ毛が長いと、電気シェーバーが引っかかって肌を傷つける原因にもなります。

そのため、ムダ毛が長い場合は、あらかじめカットしておきましょう。

シェービングジェルを使う

敏感肌用シェービングジェル等を使用して行ってください。

シェービングは上から下に処理する

ジェービングジェルで肌を保護し、毛の流れに逆らわず上から下に向かって処理してください。

見えにくい箇所の処理は手鏡を使って行うとよいでしょう。

デリケートゾーンの自己処理による肌の負担は黒ずみの大きな原因でもあります。

 

黒ずみの対策のためにも脱毛サロンや美容皮膚科でのVIO脱毛をすることをオススメします。

 


間違った自己処理よりも脱毛をしたほうが良い

VIO脱毛は、自己処理がなくなり、肌のダメージによる色素沈着が原因の黒ずみが解消する場合もあります。

お金と時間はかかりますが、今は脱毛サロンもだいぶ安くなってきた為、一度検討することをオススメします。

 

 

脱毛サロンのVIO脱毛

脱毛サロンは、主にフラッシュ脱毛(光脱毛)という方法で脱毛します。

痛みが少ない脱毛施術でコストは安いですが、ムダ毛が濃い方は、1年~2年程度かかります。

しかし、ムダ毛が生えてくる周期も遅くなるので、処理回数が減り、肌の負担も減るので検討をオススメします。

 

 

美容皮膚科やクリニックのVIO脱毛

早く効果を得たいなら美容皮膚科やクリニックによるレーザー脱毛がよいです。

多少痛みはありますが、ムダ毛の濃いVIO脱毛でも半年~1年程度で自己処理が必要なくなるくらいの効果が期待できます。

医師が在籍している為、敏感肌の方もアドバイスの元、安心して通うことができます。

 


 まとめ


ここまで、デリケートゾーンの黒ずみ改善方法と予防対策を自宅で正しくケアする方法!

をご紹介しました。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみを解消するためのケア方法の手順まとめると以下の4項目となります。

 

  1. デリケートゾーンは弱酸性の石鹸で洗浄する
  2. デリケートゾーン専用保湿剤でケアする
  3. お風呂上りやムダ毛処理後は必ず保湿ケアをすること
  4. ムダ毛の処理は肌刺激の少ない電気シェーバーで行うこと

 

デリケートゾーンケアは、肌にダメージを与えないことや肌を守ることに意識して対策していくことで黒ずみの原因や悪化を抑制する事ができます。

それでも、デリケートゾーンの黒ずみが軽減しない場合は、レーザートーニングによる治療も検討するとよいでしょう。

 

レーザー治療は、費用こそかかりますが、短期間でデリケートゾーンの黒ずみ対策することができるのでお金と時間の余裕のある方は、オススメです。

 

 『黒ずみ』を解消するには、まずは摩擦や刺激を避けることがとても重要。

その上で、身体の色素沈着を改善させる効果のあるローションやオイル、クリーム等を根気よく使い続けることにより、黒ずみをかなり改善できます。

 


VIOの黒ずみを消す!自宅簡単で毎日30秒ケア♪



VIOの臭い・かゆみを即効で消す!



おすすめ!黒ずみ改善・解消法!


 

 


働き女子を苦しめる『辛い便秘』

世の中の多くの女性の方を悩ませている便秘。

 

 

この脇の臭いはワキガ?

人から臭いと思われてる悩みだから早く解消したいですよね。

 

 


 

219

スポンサーリンク