≪登別温泉≫ 最上級の宿6選!温泉街から地獄谷まで散策!-Lety(レティ)

https://lety.jp/archives/4582

 

≪登別温泉≫ 最上級の宿6選!

温泉街から地獄谷まで散策!

 

登別温泉は、

  • 自然湧出量1日1万トン
  • 源泉温度45℃~90℃の高温

そしてなんといって9種類ものバラエティ豊かな泉質が魅力です。

 

これは世界的にも珍しく『温泉のデパート』と呼ばれるほどです。

 

そんな登別温泉の中でもおすすめ最上級のホテル&温泉宿をご紹介します。

 

 

≪登別温泉≫ 最上級の宿6選!

 

 

 

 

 

 

登別温泉街

1.ホテルまほろば

 

 

 

効能豊かな4種類の泉質と31種の湯殿を楽しめる温泉リゾート。

 

日本最大級の露天風呂や檜風呂、ジャグジーバスなど、趣向を凝らした多彩なお湯をご堪能頂けます。

 

お食事は三大ガニを含む和・洋・中約60種類バイキングが人気。ご家族での旅行にもおすすめです。

 

 

 

日本最大級の露天風呂と31種もの湯めぐり

 

四季折々の登別をお楽しみいただける露天風呂。心も身体もリフレッシュ!

 

屋内風呂も、一面をガラス張りにしたり、檜風呂をご用意したりと風情豊かに演出。

 

地下1階と地下2階で、時間により男女入替となります。

 

 

 

 

季節の素材を美味あざやかに。

 

北海道の食材と旬の幸を贅沢に盛り込み、最高の状態に仕上げたお料理の美味しい瞬間をお召し上がりいただきます。

 

 

旬の味覚を、こころゆくまで。

 

■できたて、食べごろのあつあつ料理をご提供。

天婦羅、帆立、イカ、パスタ等、目の前で調理しているシェフにお気軽にご注文していただけます。

※バイキング会場によりお料理内容が異なります。

 

■元祖三大ガニ食べ放題

毛ガニ、ズワイ、タラバの三大ガニを心ゆくまでご賞味ください。

 

■北海道の新鮮な食材がもりだくさん

登別の漁港であがる旬の海鮮や、地元食材を使用した料理などバラエティ豊かなメニューと、季節のデザートが自慢です。

※バイキング会場によりお料理内容が異なります。

 

 

 

 

優雅なしつらい、別格のくつろぎ。 ゆるやかに、おだやかに、やわらぐままに。思い思いの和みを。

 

 

ホテルまほろば

宿泊プランを見る

Check In/Out

チェックイン: 14:00~18:00

チェックアウト: 10:00

カード

VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS / 銀聯 / デビットカード

駐車場

料金: 宿泊者無料

駐車場スペース: 制限なし

駐車場台数: 200台 屋内&屋外&機械式

住所

北海道登別市登別温泉町65番地

アクセス

JR登別駅からタクシーで約20分

 

 

 

登別温泉街

2.望楼NOGUCHI登別 

 

 

 

古くから北海道の名湯として愛され続ける登別。

 

「望楼NOGUCHI登別」は、その地に新しい歴史を刻みます。

 

全館を貫く、スタイリッシュな空間と和の趣が融合したデザイン。

 

日常の延長線上にある「心地よい非日常のひととき」がそこにあります。

 

全室展望風呂付きスイートのゲストルーム、北海道の旬の味覚が彩る会席料理。

 

そして日本有数の泉質にふさわしい温泉の味わい。

 

日々走り続ける大人のための隠れ家のようなプライベート空間です。

 

 

 

 

惜しみなく湯船から溢れ出る乳白色の登別の名湯を、心ゆくまで堪能する贅沢。

 

季節ごとに異なる表情を見せる日本庭園。

 

その移ろいの機微を愉しむために設計された大浴場は、直線を基調としたシンプルなデザイン。

 

内湯の窓からは、額におさめられた絵画のような庭園を眺めることができます。

 

露天風呂では、澄んだ空気を肌に感じながら、源泉かけ流しの湯をご堪能ください。

 

朝日を浴びながらの朝風呂や、満天の星空の下での湯浴みは、旅先ならではの特別な体験です。

 

 

 

 

食の宝庫・北海道の旬の恵みを五感で享受する至福。

和と洋が融合した会席料理。

 

季節ごとに、その時期最も美味しい地場の食材をふんだんに使用した会席料理をご用意しています。

 

余計なものをそぎ落とす和食の「引き算」という概念と、伝統を重んじ、新しきも取り入れるフレンチの「ヌーベル・キュイジーヌ」という概念。

 

それらを融合し、素材の味を最も引き出す調理方法でご提供しています。

 

食の宝庫・北海道の美食と美酒に酔うひとときをお過ごしください。

 

 

 

 

プライベートが保たれた空間で大切な方と過ごす、美食と美酒に酔うひととき

お食事は、プライベートが保たれた個室のお食事処でお愉しみください。

 

登別の自然を望むお部屋や隠れ家のようなお部屋など、異なる内装に合わせ、選び抜かれた家具を配した空間。

 

シンプルながら洗練された空間で、周りに気兼ねすることなく、美食と美酒に酔いしれるひとときをお過ごしください。

 

 

 

 

洗練されたシンプルな意匠が作り出す、日常の延長線上にある「心地よい非日常空間」。

全室50平米以上の展望風呂付きスイートのゲストルームは、快適さと居心地の良さを追求。

 

きらびやかな装飾や余計なものを排除し、「人がくつろぐこと」を最優先に設計しました。

 

空間を贅沢に使い、デザイン性と機能性を兼ね備えた家具を配置。

 

自宅にいるようなくつろぎを感じながら、窓から望む登別温泉の大自然や日本有数の名湯をに浸かる「心地よい非日常」をお愉しみください。

 

 

望楼NOGUCHI登別

宿泊プランを見る

Check In/Out

チェックイン:14:00~19:00

チェックアウト:12:00

カード

VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS

駐車場

あり(無料)

住所

北海道登別市登別温泉町200番地1

アクセス

■JRにて

札幌駅から千歳線・室蘭本線の特急に乗って登別駅で下車、1時間23分。 駅前からタクシーで約15分程。 

■バスにて

登別駅前より、登別温泉行きのバスに乗車し、終点登別温泉停留所で下車、約15分。 

■要予約(シャトルバス)

  • 札幌北口14:00発→ホテル
  • 千歳空港14:30発→ホテル
  • ホテル10:00発→札幌駅・千歳空港

■お車にて

  • 札幌から約1時間40分。
  • 新千歳空港から約1時間。
  • 道央自動車道登別東インターチェンジより約15分。
  • JR登別駅から約20分。
 

 

 

登別温泉街

3.登別温泉郷 滝乃家 

 

 

 

宿の名前に配した、「家」の文字。

そこに、想いのすべてが込められています。

 

家族や親しい人の前では、自然体でいられるように。

 

うつろう四季の前では、一期一会の時の流れを知るように。

 

在るがままの自分との出逢い、やすらぎ、そこに悦びを知るひとときを、旅という心の休息にかえて。

 

私ども登別温泉郷 滝乃家にできることはただ、ゆるやかな時が待つ空間と、ささやかなぬくもりを供すること。

 

太古の記憶を留めた地獄谷の湯をいただきながら、何もしないという贅沢に、心身を解きほぐしていただくこと。

 

在るがままに、求めるままに。いつでも心の郷里へ、いらしてください。

 

みなさまの旅の家族が、安息の「家」でお迎えいたします。

 

 

 

 

湧く。天と、地に。

 

空のひろがり、樹のぬくもり。

 

視界を遮るものは何ひとつなく、ただ、眼前に映しだされた自然の絵画、その志高なる展示品をひたすら眺めるという贅沢に、身も心も浮かべてください。

 

湯処は、最上階の「雲井の湯」と日本庭園を望む「地縁の湯」。

 

美肌をうながす硫黄泉をはじめ、地獄谷という世界稀有な源泉が湛える4種の泉質が、旅人を癒します。

 

 

 

 

割烹料亭の、系譜。

 

「動」の割烹、「静」なる料亭。

 

客人との掛け合いを通して職人が腕を振るう割烹仕事。

 

そして、庭やしつらい、もてなしの質を愉しむ料亭の粋。

 

創業より受け継がれるふたつの心意気を汲みながら、とれたての旬、地産の滋味と登別の四季、そして滝乃家ならではの創意で彩る「会席料理」をぜひ。

 

夕御飯は、全席庭園を望む専用個室、または、「第二の扉」を配したお部屋にて供させていただきます。

 

 

 

 

ふたつめの、扉

 

我が家のようで、隠れ家のようでもあり。

 

一歩、扉をくぐればそこには湯宿のやすらぎ。そして、安息へとつづく部屋の佇まい。

 

趣きを異にするお部屋は、客人のくつろぎを遮らぬよう「第二の扉」からお部屋食をご用意させていただくしつらい。

 

庭園を眺める硝子の露天や、掘り炬燵のくつろぎ、暖炉のぬくもり。

 

そして、天井まで切られた大きな窓からは、間近に迫る登別の樹林が、静寂の時へといざないます。

 

 

登別温泉郷 滝乃家 

宿泊プランを見る

Check In/Out

チェックイン:14:00~18:30

チェックアウト:11:00

カード

VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS / 銀聯

駐車場

料金:宿泊者無料

駐車場スペース:制限なし

駐車場台数:30台 屋外

バレーサービス:なし

住所

北海道登別市登別温泉町162番地

アクセス

■航空機利用

新千歳空港からタクシー約1時間

空港からの道南バス発着あり

■JR・連絡バス利用

JR:JR室蘭本線登別駅下車タクシー約10分

道南バス:バス登別温泉行き20分登別温泉ターミナル駅下車徒歩3分

■自動車利用

道央自動車道登別東ICより県道洞爺・登別線約6キロ

最寄りの交通機関からの送迎無

 

 

 

 

登別温泉街

4.旅亭 花ゆら 

 

 

 

一輪の花が感じさせてくれる喜びのように、ふんわりと優しく広がる寛ぎの時間。

 

五感をくすぐる旅亭 花ゆらのおもてなしを存分にお楽しみください。

 

 

 

 

心を癒してくれたのは、湯に漂うほのかな木の香り

大浴場には、野趣あふれる岩風呂と檜をふんだんに使った露天風呂。

 

名湯といわれる泉質に加え、ただよう木の香りが心と体を芯からいやしてくれます。

 

露天風呂…花ゆらならではの風情と木の香りは、登別の貴重な源泉をたたえる豊かな泉質とも融け合い心と体を癒してくれます。

 

 

 

 

美しい四季を食に盛り込んだ、至福のおもてなし

料理で季節の移ろいを感じてほしい。

 

旬の素材のおいしさが活きるよう丁寧に料ってございます。

 

おもてなしの心を大切にした料理長自慢の繊細な味わいをご堪能ください。

 

 

 

 

私だけの秘湯が、その部屋にはありました

ゆったりと広いお部屋にも、露天風呂(檜又は陶器)をご用意しました。

 

誰に気使うこともない、プライベートな温泉浴。

 

そこには、心を許せる時間とくつろぎが宿っています。

 

 

旅亭 花ゆら

宿泊プランを見る

Check In/Out

チェックイン:14:00~18:00

チェックアウト:10:00

カード

VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS

駐車場

料金:宿泊者無料

駐車場スペース:制限なし

駐車場台数:37台 屋外

バレーサービス:なし

■札幌~登別間送迎バスあり

※8日前までに要予約

住所

北海道登別市登別温泉町100番地

アクセス

■JR特急

JR札幌駅→JR登別駅(約1時間10分)

JR新千歳空港駅(JR南千歳駅乗換え)→JR登別駅(約45分)

JR登別駅→(道南バス)→登別温泉(約13分)

■道南バスシャトルバス

新千歳空港→登別温泉(約70分)

■自動車利用

札幌南IC→千歳IC→登別東IC→登別温泉

 

 

 

 

登別温泉街

5.心のリゾート海の別邸ふる川 

 

 

 

ようこそ、もうひとつの故郷心のリゾート海の別邸ふる川へ。

 

白老・アヨロ海岸は、五千年前の縄文時代より生命を紡ぎ、太古から現在そして未来へと続く意義深い土地。

 

青く大きい空、どこまでも続く雄大な海、澄んだ空気、ここで歴史を感じ自然のエネルギーにゆったりと浸かって未来へと繋がる「心のやすらぎ」をご堪能ください。

 

 

 

 

この開放感は究極の癒やし。素の自分に戻れる時間。

太平洋と一体化したような感じがする露天風呂での入浴は、シーサイドならではの格別な贅沢。男女別々に広々とした大浴場と露天風呂をご用意しております。

 

「美人の湯」とも言われる温泉に浸かると、お肌つるつる、心ほんわかです。

 

海を、月を、星空を・・・今宵はどんな表情の「海のある景色」を楽しめるでしょうか?

 

 

 

 

ずっと愉しみたい絶景と美味

目の前に広がる雄大なる太平洋、吹き抜けで開放感あふれる空間。

 

食の宝庫・白老ならではの最高級の黒毛和牛「白老牛」や太平洋からの新鮮な魚貝類、地元産野菜などを豊富に使った季節ごとの創作料理をご用意しております。

 

海を眺めながら、ゆっくりと時間をかけて美味しい時間をご堪能ください。

 

 

 

 

オーシャンフロントのくつろぎと癒し

お部屋は全てオーシャンフロント。

 

どこにいても、何をしていても海を望み、海を感じながらお過ごし頂けます。

 

海の癒しの力でリラックス、心も身体も、潤いのエネルギーで満たされます。

 

ラウンジから続くテラスには足場や瞑想室などののんびり空間をご用意しております。

 

海のある休暇をゆったりとお楽しみください。

 

 

心のリゾート海の別邸ふる川

宿泊プランを見る

Check In/Out

チェックイン:14:00~18:30

チェックアウト:11:00

カード

VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS / 銀聯

駐車場

料金:宿泊者無料

駐車場スペース:制限なし

駐車場台数:50台 屋外

バレーサービス:なし

登別駅・虎杖浜駅まで送迎有

※ご到着時間合わせてお迎えに参ります。

 

住所

北海道白老郡白老町字虎杖浜289-3

アクセス

 

■自動車利用

登別東ICを降り、右折

→道なり進み国道36号線のある交差点を左折

→そのまま道なりに進み右手の看板が見えましたら右折

→1キロ程先

 

 

 

 

登別温泉街

6.第一滝本館 

 

 

 

集い、ふれあい、癒されていく・・・。

 

第一滝本館には創業以来絶えることのない豊富な湯があります。

 

そのあたたかなぬくもりは、穏やかな時間となって、訪れる方の心をほぐしていきます。

 

家族の時間はより親密なものとなり、仲間との語らいは弾み、見知らぬ者同士が湯船につかって言葉をかわしあう。

 

心のふれあいを通して、人はほんとうに癒されていく。

 

滝本はこれからもずっと、そんなかけがえのない場所でありたいと思います。

 

あたたかなお湯とあたたかなおもてなしで、皆様のお越しを心よりお待ち致しております。

 

 

 

 

たきもと大浴場「温泉天国」

昭和の初期から第一滝本館に備わる大浴場。

 

それは、自然の恵みである豊富な湯量を十分に活かすためであり、ゆったりとお湯に浸かっていただくためでもあります。

 

大きく明るくのんびりと。

 

1500坪のひろびろとしたスペースに大小計35のお風呂。

 

自然光をたっぷり取り入れた明るさと、窓の外にひろがる地獄谷の雄大な景色は、第一滝本館ならではのパノラマです。

 

 

 

 

お湯の良さに負けない、料理の楽しみは、四季折々に、内容を吟味してお届けいたします。

 

どこか懐かしい味がするのは、一品一品に心がやわらいでいくのは、北海道という恵み多き土地にあって素材の持つ風味を大切にし、素直に仕立てているからでしょうか。

 

海の幸、大地の恵み、自然の味わい。そこに四季の彩りを添えると、滝本の味になります。

 

北海道ならではの海の幸を盛り込んだ「金蔵蟹御膳」、ご夫婦・カップルに好評を博す「夫婦円満膳」、お食事処でゆったりとお食事をお楽しみいただける「湯の里膳」と、プランによって多彩なお食事をご用意しております。

 

ご利用形態に合せて、お好みのお膳をチョイスいただけましたら幸いです。

 

 

 

 

清謐の中の安らぎ空間へ

 

華やぎの中に落ち着いた趣を備えた客室です。

 

滝本のおもてなしの基本は、お客様に心から寛げる時間をお届けすること。

 

わが家にいるように、故郷へ帰ったように、どこか懐かしく感じられるもうひとつの居場所でありたい。

 

此処で何もしない贅沢をごゆっくりお楽しみください。

 

 

第一滝本館

宿泊プランを見る

Check In/Out

チェックイン:14:00~19:00

チェックアウト:10:00

カード

VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS / 銀聯

駐車場

料金:宿泊者無料

駐車場スペース:制限なし

駐車場台数:100台 屋内&屋外&機械式 

バレーサービス:なし

札幌発着送迎バスを運行しております。

※要予約/片道おひとり様500円

往路-札幌発14:00(当館着16:00)

復路-当館発10:00(札幌着12:00)

住所

北海道登別市登別温泉町55

アクセス

■自動車利用

登別駅からバス[登別温泉行](所要時間:約15分)

→終点 登別温泉バスターミナル下車 徒歩約5分)

→そのまま道なりに進み右手の看板が見えましたら右折

→1キロ程先

■自動車利用

新千歳空港

→道央自動車道 苫小牧東IC

→登別東IC(所要時間:約60分)

→登別東ICから登別温泉方面へ約10分

 

 

 

 

7.登別温泉街から地獄谷まで散策!

 

 

 

北海道には、数多くの温泉地があり

  • 温泉地数では、全国1位!!
  • 総湧出量では、全国2位!!

まさに、北海道は温泉パラダイスですね^^

 

その中でも、有名な温泉地の一つが登別温泉です。

 

 

 

8.登別温泉の歴史

 

 

 

登別の語源はアイヌ語の「ヌプルペッ=白く濁った川・色の濃い川」を意味するといわれます。

 

アイヌ語でクスリとは温泉のこと、アイヌの人たちも大昔から温泉を薬湯として重宝していたようです。

 

登別温泉は、自然湧出量1日1万トン、源泉温度45℃~90℃の高温。

 

<pそしてなんといって9種類ものバラエティ豊かな泉質が魅力です。

 

これは世界的にも珍しく「温泉のデパート」と呼ばれるほどです。

 

 

 

9.登別温泉9つの泉質

 

 

 

登別温泉は、

  • 自然湧出量1日1万トン
  • 源泉温度45℃~90℃の高温

そしてなんといって9種類ものバラエティ豊かな泉質が魅力です。

 

これは世界的にも珍しく『温泉のデパート』と呼ばれるほどです。

 

硫黄泉とは

 

硫黄泉とは、見た目は乳白濁で、独特の臭いがし、石鹸の泡立ちは悪いです。

 

毛細血管や冠状動脈を拡張させる働きがあるため、慢性気管支炎や動脈硬化症に効果があると言われています。

 

解毒作用もあり、慢性皮膚病などにも良いと言われてます。

 

 

 

食塩泉(塩化物泉)とは

 

食塩泉(塩化物泉)とは、日本では最も多い泉質のひとつです。

 

無色透明で、しおからい味がして、石鹸は泡立ちません。

 

保温効果が高くて、ポカポカと湯冷めしないため「熱の湯」とも呼ばれます。

 

神経痛や腰痛、冷え性などに効くと言われています。

 

 

 

明ばん泉(含アルミニウム泉)とは

 

明ばん泉は火山地帯に多い。

 

皮膚や粘膜を引き締め、慢性の皮膚疾患や粘膜の炎症、水虫、じんま疹などに良いと言われています。

 

 

 

芒硝泉(硫酸塩泉)とは

 

硫酸塩泉のひとつです。

 

陰イオンが硫酸イオン、陽イオンはナトリウムが主成分です。

 

無色透明で塩味があります。

 

高血圧症や外傷、動脈硬化症状などに良いといわれています。

 

 

 

緑ばん泉(含アルミニウム泉)とは

 

硫酸塩泉のひとつです。

 

陰イオンが硫酸イオン、陽イオンは鉄が主成分です。

 

強酸性で、銅やマンガンなどの鉱物を含むことが多い。

 

良く温まり、貧血症や慢性湿疹などに良いと言われています。

 

 

 

鉄泉(含鉄泉)とは

 

鉄イオンを1kg中、20mg以上含む源泉です。

 

空気に触れると赤茶色となり、タオルが赤っぽくなります。

 

金属味がすることも。良く温まり、貧血症や慢性湿疹などに良いと言われています。

 

 

 

酸性鉄泉とは

 

pH(水素イオン濃度)が3以下で、肌に刺激のある温泉。火山地帯に多い。

 

無色透明です。

 

殺菌力が強いので湿疹などに良いけれど、皮膚の弱い人は入浴後に真水で洗い流した方がいいです。

 

 

 

重層泉とは

 

陰イオンが炭酸水素イオン、陽イオンはナトリウムイオンが主成分です。

 

無色透明で石鹸は良く溶けます。

 

皮膚の角質層を軟らかくし、分泌物を乳化する作用があるので「美人の湯」とも呼ばれます。

 

皮膚病、切り傷などに良いと言われていす。

 

 

 

ラジウム泉とは

 

主体はラドンとトロンで万病に効く温泉として昔から人気がある。

 

特に鎮静作用があることから神経痛、リウマチ、更年期障害などに良いと言われていす。

 

 

 

10.登別温泉 湯の守り神「湯鬼神」

 

 

 

登別温泉の湯を守る湯鬼神(ゆきじん)。

 

登別温泉の様々なイベントに現われ人々の幸せを願い厄払いをしてくれます。

 

 

夏の間だけ繰り広げられる「地獄の谷の鬼花火」では、赤鬼と青鬼が地獄谷を舞台に道内では珍しい手筒花火を打ち上げ、太鼓の音色とともに舞い踊ります。

 

 

 

 

また、登別温泉には11体の鬼像が9か所に安置されています。

 

温泉街にある石造りのシンボル鬼は、「恋愛・商売・勉学」を願う鬼。

 

鬼を従える閻魔様など登別には鬼と金棒などのモニュメントがたくさんあります!

 

みんなでコンプリートして見るのもいいかも♪

 

 

 

11.泉源公園の間欠泉

 

 

 

地獄谷から流れる温泉の川沿いから噴き出す、間欠泉を活用した公園。

 

約3時間の間隔で迫力ある音・湯気とともに、勢いよく噴き出す間欠泉を体感することができます。

 

 

 

12.地獄谷

 

 

 

地獄谷は、日和山の噴火活動によりできた爆裂火口跡。

 

直径は約450m、面積は約11ha。谷に沿って数多くの湧出口や噴気孔があり、泡を立てて煮えたぎる風景が「鬼の棲む地獄」の由来となったそうです。

 

また、ここから多種類の温泉が1日1万㌧も湧出されており、温泉街のホテルや旅館に給湯されています。

 

 

 

 

鉄泉池(てっせんいけ)

 

 

 

ブクブクと熱湯を噴出する湯煙地獄。

 

地獄谷のほぼ中央に位置する小さな間欠泉で、湯煙を上げて煮えたぎる様子を近くで見ることができる。

 

 

 

13.大湯沼

 

 

 

大場沼は、日和山が噴火したときの爆裂火口跡で、周囲約1kmのひょうたん型の沼です。

 

沼底では、約130℃の硫黄泉が激しく噴出していて、表面の温度でも約40℃~50℃で灰黒色をしています。

 

昔は底に堆積する「硫黄」を採取していました。

 

 

 

まとめ

 

 

 

たまには、温泉でほっこり、最上級のリラックスは如何でしょうか♪

 

落ち着いた雰囲気で、リラックスできる最上級の宿で…

 

シェフ自慢の最高の一皿を堪能し…

 

最上級のおもてなしを…

 

そんな、最高の休日を大切な人と…。

 

ドライブやデート、記念日、誕生日、お祝いなど…。

 

大切な人と泊まってみたい最上級ホテル&旅館をご紹介しました。

 

 

≪2018≫

安くて大人可愛い水着★

安カワ プチプラブランド通販サイト10選★

 

≪2018≫

大人可愛いプチプラ下着♪★

安カワ ブラ&ショーツ通販サイト10選★

 


Visited 177
最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。
この記事が役にたったなと思っていただければ、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク