人には聞けない!デリケートゾーンの正しい洗い方!-Lety(レティ)

https://lety.jp/archives/15159

デリケートゾーン ≫人には聞けない!デリケートゾーンの正しい洗い方!

 

脱毛サロン特集!

 

デリケートゾーン特集!

 

黒ずみ特集!

 

 



デリカートゾーンの正しい洗い方?


デリケートゾーンの正しい洗い方を知らないとトラブルの原因になることがあります。

 

例えば、デリケートゾーンのケアが不十分だと、かゆみやにおいの原因になってしまいます。

 

 

デリケートゾーンの洗い方はなかなか知る機会がありませんよね。

 

他人にデリケートゾーンの洗い方なんて聞けないですよね。

 

女性にとってデリケートゾーンは大切な部分なのですが、実は適切なケアをしないまま、自己流で洗っている方は意外に多いのではないでしょうか。

 

デリケートゾーンの正しい洗い方を知らないとトラブルの原因になることがあります。

 

今回、デリケートゾーンの正しい洗い方をご紹介します。


間違ったデリケートゾーンの洗い方だとどうなるの?


デリケートゾーンのケアが不十分だと、どうなるのでしょうか?

 

雑菌が繁殖して、嫌なニオイやかゆみの原因にもなります。

 

雑菌の例としては、カンジタ菌や大腸菌、ブドウ球菌などが挙げられます。

 

デリケートゾーンの間違った洗い方でニオイやかゆみに悩んでいる女性は実は多いのです。

 

 

デリケートゾーンの洗い方を見直すだけでニオイやかゆみを解消できます。

 

デリケートゾーンは、複雑に入り組んだ構造なのでおりものなどの分泌物がこびりついた恥垢(ちこう)と呼ばれる垢、尿、トイレットペーパーがこびりついたりと汚れやすいのです。

 

更に、大陰唇にはアポクリン腺という汗腺も多く分布しているため、ワキと同様放っておくと臭ってきてしまいます。

 

今までデリケートゾーンを適当に洗って済ませてきたという方は、一度、手鏡などで自分の局部を見てみてください。

 

お風呂に入る前と、お風呂に入って洗ったあとにもう一度。

 

どれだけ汚れが洗い流せていないか、確認してみてください。

 

 

 


デリケートゾーンの正しい洗い方!


デリケートゾーンは皮膚が薄く粘膜も多いので、石鹸やボディソープを手や泡立てネットでしっかり泡立ててから優しく洗います。

 

洗顔との違いは、細かい部分に垢や汚れがたまりやすく、シャワーで洗い流すだけでは落ちません。

 

指の腹を使って、傷つけないようにしっかり洗ってください。

 

 

前から順に、陰毛、陰核、性器部分、会陰部分と洗っていき、最後に肛門の順に洗っていくとよいでしょう。

 

陰毛は、根元の肌をマッサージするようにしっかり洗い、最後に手で軽く毛の流れに逆らう様にひっぱり、抜ける毛は抜いてしまいましょう。

 

体毛は周期的に抜けるものなので、こうすることでショーツに抜け毛がつくのを抑えられます。

 

続いて陰核、性器部分、会陰部分、肛門の順に、こすりすぎないよに、鏡でチェックして恥垢が溜まっていた部分を指の腹を使ってしっかり洗ってください。

 

特に、陰核の包皮に隠れている部分や、大陰唇と小陰唇の間の溝は、恥垢が溜まりやすいので注意して洗いましょう。

 

最後にシャワーですすぎ、恥垢などをしっかり洗い流して完了です。

 

 


デリケートゾーンの正しい洗い方と注意点!


キレイにに洗っているけれど、ニオイがする

 

ボディソープで洗うとかゆくなる

 

といった方には、『デリケートゾーン専用石鹸』を使ってみるのもオススメです!

 

ニオイ対策に重点を置いたものや、刺激が少ないものなど様々なタイプのものがあるので、一度試してみるのもアリです。

 

 

デリケートゾーン石鹸と一般の石鹸の違いは?

デリケートゾーン石鹸:弱酸性

一般用石けん:アルカリ性

の違いです。

 

普段、顔や身体を洗う場合に使用する石鹸はアルカリ性が多く、デリケートゾーンの石鹸はほとんどが弱酸性です。

 

 

デリケートゾーン石鹸は常在菌を残し清潔に保つ効果がある

人の肌には、常在菌が存在し、その中でも表皮ブドウ球菌は、肌を守るバリアとして必要な菌なのです。

 

デリケートゾーン石鹸は、肌に必要な菌を残し、不必要な雑菌だけを洗い流すことができますが、一般的な石鹸は、これらの菌まで洗い流してしまいます。

 

デリケートゾーン(陰部)には、それらの菌を残したままでも自浄作用があるので、清潔さを保つことができます。  

 

デリケートゾーン(陰部)は泡でパックする洗浄方法が効果的です。

 

デリケートゾーン(陰部)の汚れを泡で浮かせて優しく洗い上げ、お肌の負担を最小に抑えた方法となります。

 

デリケートゾーン(陰部)の黒ずみ改善や生理中など、ニオイが気になるときにも効果的です。

 

まずは、

石鹸をしっかり泡立て、泡で包み込むようにして陰毛からデリケートゾーン(陰部)までを洗う

泡でデリケートゾーン(陰部)全体を泡で包み込み3分~5分程度おく

弱めのシャワーでしっかり泡を流す

 

 

デリケートゾーンの洗い方の注意!

注意したいのは、膣の中までは洗わないこと。

 

デリケートゾーン石鹸で内部まで洗うと、膣の内部に自浄作用のある分泌液まで洗い流してしまい、細菌に感染しやすくなりニオイの原因になってしまいます。

 

洗浄後は、黒ずみケアのためにも必ず保湿ケアもしましょう。

 

洗浄後の肌はバリア機能も洗い流されてしまい、肌ダメージを受けやすい状態です。

 

12時間位で肌本来のバリア機能は回復しますが、それまでの対処として、デリケートゾーン(陰部)を保湿ケアし、肌を守りましょう。

 

※デリケートゾーン専用石鹸の正しい選び方については『デリケートゾーン専用石鹸の選び方と正しい使い方』をご覧ください。

 

 


Visited 28
最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。
この記事が役にたったなと思っていただければ、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。