デリケートゾーンの正しい保湿方法-Lety(レティ)

https://lety.jp/archives/15183

デリケートゾーン ≫デリケートゾーンの正しい保湿方法

 

脱毛サロン特集!

 

デリケートゾーン特集!

 

脱毛サロン

 

黒ずみ特集!

 

 



デリケートゾーンは角質層が薄く、乾燥しやすい


デリケートゾーンは、顔の皮膚よりも薄く入り組んだ形になっていて摩擦や刺激で黒ずみなどが起こりやすい部分です。

 

角質層が薄いということは、それだけ水分を保持する力が弱いということなのです。

 

角質層が潤っていれば外部からの刺激を受けにくいのですが、乾燥すると角質層が乱れて刺激物質が通りやすくなり、肌は敏感に反応してしまいます。

 

 

最近は、デリケートゾーンの脱毛(デリケートゾーンVIO脱毛はメリットしかない!?)をする女性が増えていますが、脱毛後は保湿ケアが重要なため、保湿クリームを処方されます。

 

自宅で脱毛や除毛をする際にも、お手入れ後は肌が敏感になっているため、特に保湿が重要です。

 

 


デリケートゾーンはワセリンや専用保湿クリームでケア!


デリケートゾーンの保湿はどのように行えばいいのでしょうか。

 

保湿をする前に、まずきちんとデリケートゾーンを洗って清潔な状態にします。

 

洗う際はボディソープや石鹸ではなく、弱酸性のデリケートゾーン専用石鹸を使います。

 

デリケートゾーンは、非常に敏感な部分なので、弱アルカリ性などのボディソープや石鹸では刺激が強すぎ、本来必要な常在菌(デリケートゾーンを健康に保つために必要な良い菌)まで洗いすぎてしまう可能性があります。

 

人には聞けない!デリケートゾーンの正しい洗い方!

 

デリケートゾーンを指の腹を使ってやさしく洗い、石鹸成分が残らないように、よくすすぎましょう。

 

デリケートゾーン専用保湿クリームには、美白成分や黒ずみを改善させる成分も含まれているイビサクリーム(海外セレブご用達で人気)がオススメです。

 

 

特に保湿を心がけたいのは、加齢によって乾燥しやすくなっている方や乾燥しやすい方です。

 

例えば顔が乾燥しやすい方は、他の部分も同様に乾燥しやすいです。

 

また、紫外線を浴びた後や脱毛後の肌は非常にデリケートになっているので、しっかり保湿して、肌を守ってあげましょう。

 

皮膚科では、脱毛後のケアにワセリンを使って肌を保護することがあります。

 

ワセリンは赤ちゃんから大人まで使え、身体の様々な部位の乾燥対策に使えるので、ひとつ持っていると便利です。

 

是非、参考にして下さい。

 

次にご紹介するのは、デリケートゾーン脱毛後の黒ずみ解消法

デリケートゾーン黒ずみ即効消す!≪原因と解消法≫自宅で簡単30秒ケア!です。

 

 


Visited 29
最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。
この記事が役にたったなと思っていただければ、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。